つみき

マンション経営で失敗しないための条件とは

マンション投資の注意点

集合住宅

税金の計算が必要

マンション経営を行う人は多くの資産を持っている資産家だけでなく、サラリーマンが副業として行う事も増えています。ローンを利用する事で、マンションを一括で購入する資金がなくてもマンションに投資できます。しかし、家賃収入を全てローンの支払いに充てる場合は、ローンの支払いが終わるまで家賃収入は手元に残りません。ローンの支払いによって手元に入ってくる実質的な収入は変わらなくても、家賃収入によって増えた所得で増額された税金は支払っていかなくてはなりません。その為マンション経営の計画を立てる時は家賃収入とローンのバランスだけでなく、金額が大きくなる税金の支払いもカバーできるように計画を立てないと、税金が原因でマンション経営が失敗してしまう可能性もあるのです。そのため、注意が必要となります。

マンション投資の特徴

マンションへの投資は他の投資と比べて初期投資が大きくなりやすい傾向がありますが、その分利益も大きくなりやすいです。マンション経営に限らず投資金額の大きな投資は、失敗した時のリスクが大きいので計画的に行う事が大切です。マンション経営が失敗する事例がいくつかあります。まず、ローンを組んだ際にローンの支払いは家賃収入で支払う事ができたものの税金の支払いが収支を圧迫してしまう事です。また、空室率が増える事で想定された家賃収入が安定して入らない事で失敗してしまうケースです。税金の支払いは義務であるので、最初から税金の支払いも加味した収支計画を立てたり、空室のリスクを避ける為に空室保証の保険に入っておくなどの対策をする事で健全なマンション経営を行えます。

こちらもおすすめ

  • 本当に安心して任せられるマンション管理会社は?

    マンション管理会社の評判内容を事前に調べておきたいと感じている人はいませんか?ここなら比較内容を確かめておくことができます。

家の資産運用

男性

せっかく買ったマイホームを、空き家という「眠った家」にするのは非常に勿体無い。家も資産の一つである。「リロケーション」という資産運用をすることで、家賃収入を得、「生きた家」のままにすることは非常に大きな意味を持つのだ。

保証人不要で部屋を借りる

建物を持つ人

部屋を借りる時は保証人を立てます。最近は核家族化や少子高齢化が進み、保証人がいない人が増えています。そのために導入されたのが家賃債務保証制度です。保証会社にお金を支払って保証人になってもらうのです。不動産屋にとっても確実に家賃を保証してくれるので安心です。借りる側にも貸す側にもメリットがあります。

安全な経営をするために

集合住宅

マンション経営は、老後の収入源や生命保険の代変え手段、自分自身が住むために利用するなど、様々な活用方法が期待出来ます。良い運営をするためにも、必ず業者は良い所を探すようにしましょう。そのためには、まずは業者の身元をきちんと確かめる事が重要です。