保証人不要で部屋を借りる|マンション経営で失敗しないための条件とは
男性

マンション経営で失敗しないための条件とは

保証人不要で部屋を借りる

建物を持つ人

保証会社が保証する制度

少子高齢化によって不動産の賃貸業界でも様々な変革が行われています。かつては部屋を借りる場合には大家への謝礼として礼金を払うのが常識でしたが、今では礼金なしの賃貸物件が多くなっています。これなどは少子化によって学生数が減ってきていることが原因です。もう1つの特徴は家賃債務保証を導入する賃貸物件が増えている点です。これは保証人の代わりに債務保証会社が保証人になってくれる制度です。高齢者などは保証人になってくれる身寄りがいないので、家賃債務保証があると安心して部屋を借りることができます。オーナーや不動産屋にとっても、万一の滞納などの場合に保証会社なら確実に家賃を保証してくれるので安心できます。借りる方にも貸す方にも都合がよいので、家賃債務保証の賃貸物件を借りる人が多いのです。

不動産屋にとっても便利

最近は核家族化が進んでおり、両親と子どもの3人家族や夫婦だけの家族も増えています。親戚にあたる叔父や叔母などのいないケースもあり、人間関係がますます希薄なっています。大学入学や就職などで賃貸マンションを借りる時に、保証人を立てられない人もかなり多いのです。このような場合は家賃債務保証制度を導入している不動産屋を利用します。保証会社が保証人になってくれるので、誰でも入居契約を結ぶことができます。ただし保証会社に保証料を支払う必要があります。家賃債務保証制度が広がっているのは、お金で保証人になってもらった方が気が楽という側面もあります。親戚に保証人を頼むと、年収や職業などのプライベートなことも不動産屋に伝える必要があります。またお礼をするのが礼儀です。それらを考えると、家賃債務保証を利用した方が簡単で気楽なのです。