家の資産運用|マンション経営で失敗しないための条件とは
男性

マンション経営で失敗しないための条件とは

家の資産運用

男性

空き家にするのは勿体無い

多くの人々にとって、マイホームの購入というのは人生の一大イベントである。せっかく取得したマイホームは何があっても手放したくない。一方で、転勤などでその家を空けて別の社宅などに住まざるを得ないケースも多く存在するのもまた事実だ。「家を売りたくないが、空き家のローンを払うのはもったいない」と考えるオーナーは多い。そこで、一定期間だけ家を貸すというサービスがある。「リロケーション」と呼ばれるものである。リロケーションで、空き家の有効活用ができる。しかし、「一定期間家を貸す」という契約である以上、その期間内に戻ってきても家を使えないというリスクがある。契約期間は慎重に決める必要があるのだ。また、多くの場合はリロケーションを行う業者に頼むことになるだろう。手数料や管理方法など、信頼のおける業者を選ぶこともまた非常に重要である。

生きた家にするために

昨今の日本社会では、企業のグローバル化も進んでいる。また、過重労働問題などによる業務効率化が叫ばれ、大都市に様々な機能を集約させる時代になってきた。そのため、マイホームを地方で取得しても、転勤などによって空き家になるケースが増えてきた。家を手放さない以上、ローンは払わなければならない。土地の価値はともかく、家の価値は年々下がる。リロケーションは「眠った家」を「資産」として運用することで家賃収入が得られ、ローンの足しになるという経済的なメリットがある。また、空き家の維持管理はオーナーである。しかし、リロケーションでは借主がそれをやってくれる。わざわざ自分がやらなくても「生きた家」のままにしてくれるのだ。これは非常に大きなメリットである。以上のことから、「リロケーション」は大きな注目を集めている。諸事情で家を空けなければならない場合は、ぜひ検討する価値がある。